【和温からはじまる物語 東ティモール珈琲】

2年前の夏、僕の自転車旅に参加してくれた現在中学生の和温から手紙が届きました。

この手紙をきっかけに僕はこれまで行ったことのない東ティモールのコーヒーと向き合ってみようと決めました。

どんな物語がこれから生まれていくのか。それはまだ分かりませんが、しばらくはこの東ティモールのコーヒーと向き合いながら、

そしてみなさんへお届けしながら夢を膨らませていこうと思います。

和温の手紙からはじまるストーリーはnoteにてまとめています。よろしければオーダーの前にご覧くださいね。

今回この東ティモールの豆を焙煎するために使うのは、僕が富士珈機さんにオーダーして作っていただいた旅する焙煎機です。

この焙煎機はベースを折りたたむと、すべてこの筒のなかに収まる設計となっています。僕の次なる夢は自転車にこの焙煎機を積み込んで東ティモールのコーヒー農園まで走っていって、現地で摘んだコーヒーを現地の人と一緒に焙煎して飲むことです。

和温からはじまる物語 東ティモールコーヒー

東ティモールのコーヒー農園を支援しているNPOパルシックから譲ってもらったフェアトレードのコーヒー豆です。

パルシックの現地での活動はこちらからご覧いただけます。

 

東ティモールのコーヒーは焙煎をいろいろ試してみましたが、

よい意味でクセがなく素直でどの焙煎度でも美味しく飲むことができました。

なので今回は焙煎の度合いも一緒に注文の際にお知らせいただき、みなさんの好みに合った焙煎のものを

お届けすることにしました。

焙煎は250gの生豆を焙煎し、仕上がったものを袋に詰めてお送りします。

だいたい200gくらいになりますが、焙煎度により重さが変わるのでご了承くださいね。

 

*注文の際に、浅め、普通、深め、おまかせなどメッセージを添えてご注文ください。

もしご指定がないものに関してはこちらのおまかせで焙煎してお送りしますね。

¥1,500

  • In stock(在庫あり)
  • お届け日数:3~5日