LOOKBACK

今回の旅がはじまって、もうすぐ1ヶ月。 すこーしだけ振り返り。 前回の旅を終えてから、日本に5ヶ月ちょっといたけれど なかなか自分でも抜け出せない無気力症候群のようになっていた。 最後は自分を押し出すように旅に出て、そうして1ヶ月。 結果だけ言うと、走りながら毎日頭がグルグルとしている。...

続きを読む

Work

メキシコの旅では、僕は毎日「どこか」の人だ。 小さい町では、歩く旅みんなに見られる。 カナダ、アメリカと多民族国家をしばらく旅してきたので、もちろんメキシコも いろんな民族の人はいるけれども、パッと見だけで分かりやすい外国人は僕だけ。 昨日のフラッと入った市場。キョロキョロしている僕を見て、...

続きを読む

Mudmax

「まぁ!いい写真!」 と思って「続きを読む」を押してもらったことだろう。 この写真を撮っている僕は半ば絶望していた・・・。 一体この先どうなってしまうんやと・・・。 旅にトラブルはつきものだ。 むしろ、うまくいくばっかりの旅は見ている方も、やっている方も面白くない。 だからちょっとくらいトラブルあってもいいかな、くらいの気持ちではいる。...

続きを読む

LiveToTokyo

「おぉ!おっちゃんたちが、わらわらやって来たぞよ!」 東京で授業を担当する小学校とのLIVE授業のため、60kmほどで切り上げ到着したオアハカのとある町。 町の中心に四角い広場、それにくっつくようにして青空市が立っている。うん、こりゃいい感じだ。 安宿にチェックインして夕方を待つ。日本との時差は14時間なので、こちらの18時半が、日本の8時半。...

続きを読む

Comedor

おばちゃん「そこのパティオはどう?どこでも好きなところで寝なさい!」 ぼく「ほんとー!ムーチョグラシアス!」 考える風でもなく、笑顔でニッコリこう言ってくれた食堂のおばちゃんとの物語。 メキシコに入ってから、町にたどり着けそうなときは宿を取ることが多い。 前回の強盗のこともあり、また学校はじめ多くの方々と関わっているので、...

続きを読む

Guelaguetza

「ゲラゲッツァってなんですか?」 恐らくここ世界遺産の町オアハカでゲストハウスを営む日本人ご夫婦は、 僕のこの発言にビックリしたことだろう。(いや、世間知らずと思われたことだろう) なんと僕がやってきた週の週末から、ここオアハカの1年でも一番と言ってもいいほど 盛り上がるお祭りがはじまるのだ。...

続きを読む

LiveSession

朝、日記を書いてブログを更新して自転車で外に出かけた。 夕方の日本とのLIVE授業まで何をして過ごそうか。 当てずっぽうでもいいんだけれど、せっかくならどこかに向かおうとiPhoneで 地図を確認すると見覚えのある名前が飛び込んできた。 モンテ・アルバン。 現在滞在しているオアハカ郊外の山の上にある古代遺跡だ。 昨日の教え子とのチャットの中で...

続きを読む

NightView

「オアハカは治安も良いし大通り外れなければダイジョブですよ」 宿のしげおさんにそう言われて、昼間登った丘にもう一度向かうことにした。 夜10時過ぎ。まだまだ中南米の空気感を知らない僕は、気をつけすぎてもいいくらいだ。 ゲートの鍵は財布についている。20ペソ(150円ほど)だけ財布に入れて、...

続きを読む

Oaxaca

インディヘナと呼ばれるスペインに侵略される前からこの地に住んでいた先住民が 多く住むオアハカ。このオアハカ州は先住民の比率がメキシコで一番多いそうだ。 石畳の道路が碁盤の目状に行き交い、四角いカタチをしたソカロ広場を中心として 教会やヨーロッパ風の建築が立ち並ぶ街並みこそ他の都市と同じような印象をうけるが...

続きを読む

Mistake

完全に調子に乗ってしまった・・・。 夜じゅう雨が降ったいた翌朝。カーテン越しに差す光に勢いがある。 宿のドアを開けてみると、すごいくっきりして色鮮やかな景色が飛び込んできた。 まだ、雨粒が残る木々の葉っぱや花は光の粒がキラキラと光っていて、空の青も抜けるよう。 なんだか新しく生まれたような朝を自転車で走りはじめた。...

続きを読む